【実践口コミ】美肌にも効果的?イチゴのビタミンCの効能がすごい!

いちごに含まれるビタミンcとは?

いちご1粒に約10㎎のビタミンcが含まれています。

ちなみに、人が1日に必要なビタミンc摂取量は50㎎。

そのため、5、6粒ほど食べると、1日必要な量を摂取できることになります。

イチゴお手軽にビタミンcを摂取出来る物

それを証明するため、1つの例を出しましょう。

見た目からして、ビタミンcが多そうなレモン!

しかし、レモンは100gで45㎎のビタミンc。

つまり、食べられる果肉だけ考えれば、レモン2個分量に値するのがイチゴとなるのです

イチゴであれば、子どもにも食べやすく、スムーズにビタミンcを摂取することが可能に。

実は、ビタミンcが不足した状況が続くと、壊血病になってしまう可能性が…。

子どもが壊血病になると、骨の形成に障害が起きることがあります。

逆に摂り過ぎても数時間で尿に排泄されますから、壊血病の心配がいりません。

いちごで効率よく摂取して健康に役立てましょう。

イチゴで美肌効果が期待できる?

ビタミンcの美肌効果は知ってる人も多いはず。

実は、美肌効果ではなく、メラニン色素の生成を抑える効果があり、日焼け跡の炎症を和らげたりシミを予防したりするのです。

また、老化原因の抗酸化物質を抑える効果もあり、加齢によるしわ予防やコラーゲン生成と肌のターンオーバーを整える働きをするため、肌を健康にしてニキビ発症やニキビ跡予防に役立てられます。

ビタミンcの意外な機能とは?

ビタミンcはいろいろな免疫機能を高くする効果を持っていて、風邪など感染症予防にも役立ちます。

その効果とは、胃コラーゲン生成を促すことにより、ウイルスが体に入りにくくし、さらに白血球を強化し、病原菌を攻撃する力がアップすることです

また、ストレスにも効果があります

ストレスがあれば、副腎皮質ホルモンを作って、戦闘状態にするのです。

戦闘状態の時には、たくさんのビタミンcが消費され、当たり前のことですが、不足すればストレスと戦う力が弱くなってしまいます。

現代社会はストレス社会とも言われている世の中。

戦っていくためには、ビタミンcが必要で、お手軽なイチゴは有り難いですね。

イチゴを食べる時の注意点

ビタミンcは水溶性で熱に弱く、とてもデリケート

そのため、イチゴの選び方も重要になってきます。

ビタミンcは鮮度と一緒に次々失われていくため、ヘタが鮮やかな緑色で、果肉もみずみずしい艶があるのが新鮮ないちごを選びましょう。

保存するときには、パックから出し、キッチンペーパーをしき、イチゴ同士が重ねないように並べましょう。

そして、イチゴを食べるときに、ヘタを取って洗ってしまうと、そこから、どんどんビタミンcが流出してしまいます。

また、長く水につけておくのもビタミンcを逃してしまいます。

ヘタを取る前に水でさっと流しましょう

そして、そのまま生で食べることが一番です。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【スーパーフードだらけ】トップへ