【口コミ情報】ダイエットが成功しないのは節約遺伝子のせい?

ダイエットや便秘解消の鍵を握るのは?

バランスのとれた食事と定期的運動により自然にお通じあることが理想的です。

日々のストレスで便秘がちになることはよくあって、野菜のゴボウは調理に手間が掛かったり、好き嫌いもありますが、お茶などうまく利用して適量を長く続けるのが基本です。

ダイエットで成果を得るには、摂取カロリーを減らすことは大事ですが、毎日の生活で消費するエネルギーより多くのエネルギーを食事摂取していると、余ったエネルギーが脂肪として蓄積され思い通りにダイエットが難しいはずです。

その一方、同じような量しか食べてないのに明らかに太らないように見える方もいます。

ダイエットは年齢によって影響を受けることが分かり、これは年齢を重ねるにつれ基礎代謝量が減って、それに伴い消費カロリーが減るからです。

基礎代謝量とは体温を一定に保ったり、心臓を動かしたり、生命維持のために消費されるエネルギーです。

太りやすい遺伝子で節約遺伝子がありますが、これをもってる人は少量しか食べれなくてもそれだけで生きられます

こうした能力は人類の長い歴史で飢餓から生き抜くため獲得した能力と言われます。

人の体は朝目覚め、昼活動して、夜休息する体内時計が備わっていて、この仕組みにより時計がない暗闇の中、1日過ごしていても大体1日の時間が分かると言われています。

そして、たんぱく質は脂肪細胞の中でコレステロールの合成を促進し脂肪蓄積させる機能があり、これが活発になれば脂肪分解する働きを鈍化させて太りやすくなります。

人の体内時計は25時間を基準に1回転します。

このリズムで毎日1時間ずつ生活時間帯がずれてしまいますが、これをリセットして24時間に修正するのが、起床後に浴びる太陽の光と朝食です。

バランスのとれた食事や間食が近道

なるべく早いダイエット効果を期待するなら、間食に砂糖が多いお菓子はおすすめできません。

ですが、空腹時間が続けば血糖値が下がったりして、ダイエットへの弊害が考えられるため、カロリーが低く栄養価の期待できる間食を食べるのはダイエットに有効です。

時計遺伝子が分泌するビーマル1は夜22時~深夜2時までの時間が最も分泌量が増加します。

したがって、夜遅く食事すれば脂肪を貯めこみやすくダイエットの成功から遠ざかるでしょう。

バランスのとれた食事や間食を摂るタイミングなどが、ダイエットや体を健康に導く鍵となるのです。


スポンサード リンク


この記事の最上部へ

【スーパーフードだらけ】トップへ